活動のあゆみ

ほのぼのビーチ茅ヶ崎は1990年に設立。その後30年以上にわたり「海岸環境」を中心としたボランティア活動を行ってきました。ここにこれまでの活動のあゆみをまとめてみました。

5号水路前WC.JPG
08_えぼし岩と参加者.jpg
06_子供たちがたくさん来ました.jpg
07_ほのぼのファミリー地引網①.jpg
03_署名活動開始.jpg

1990年

◆ ブレッド&バターの岩沢幸矢氏に娘が生まれたことをきっかけに辻堂海岸で「ベアフットコンサート」を

  開催。これを契機として「ほのぼの共和国」が設立(現 ほのぼのビーチ茅ヶ崎)

◆ ほのぼの共和国「ベアフットフェスティバル」開催(以降 毎年7月最終日曜日に開催される)

◆ ビーチクリーン活動開始(以降 毎月第1日曜日に開催される)

​  音楽で環境を考えるNPO ベアフット (barefoot.blue)

1996年

◆ 茅ヶ崎市海岸にトイレ・シャワー/国道134に歩道橋設置に関する要望書を市に提出

1998年

◆ 茅ヶ崎海岸5号水路にトイレが設置される

1999年

◆ えぼし岩・海の自然体験教室に参加始まる(以降 毎年参加)

2000年

◆ 湘南祭への参加始まる(以降 毎年参加)

2001年

◆ 全国海岸功労賞 受賞

◆ 海岸侵食をメインテーマとした なぎさシンポジウムを開催(以降 毎年開催)

2003年

◆ 抜本的な海岸浸食対策を要望する署名活動実施。 約2万人の署名と共に神奈川県に要望書を提出 
◆ スマトラ地震津波義援を目的にほのぼのチャリティー開催(以降 随時開催)

  新聞記事リンク

2005年

◆ 団体名称を「ほのぼのビーチ茅ヶ崎」に変更
◆ 開催イベント名を「ほのぼのビーチフェスティバル」に変更
◆ レンズ礁等の人工物に頼らない海岸侵食対策を要望し、永田町勉強会 開催
  神奈川県知事 茅ヶ崎海岸視察にてオブザーバーとして参加

  新聞記事リンク

  国土交通省とのヒアリング開催
◆ 茅ヶ崎海岸側マンション建設問題に対し、「茅ヶ崎・はま景観づくり会議」と共に署名活動実施
◆ 茅ヶ崎市市民活動げんき基金補助を受領

2006年

◆ 第1回中海岸侵食対策協議会に参加(以降 毎年参加)
◆ 上記活動により中海岸への養浜事業が開始される。
◆ 上記活動によりフィッシュセンター跡地へのマンション建設が中止となり、結婚式場へ見直しされる。

  報告書リンク

2007年

◆ TOTO水環境基金を受賞

2011年

◆ 東日本大震災にて「ほのぼのビーチフェスティバル」中止

2016年

◆ 「100年先にも美しい海岸を残すため、砂浜の侵食を食い止める法案」を

   求める署名活動を実施。2万人を超える署名と共に要望書を、神奈川県に提出    

2017年

◆ 台風にて「ほのぼのビーチフェスティバル」中止

2018年

◆ 国土交通大臣賞【海をきれいにするための一般協力者表彰】を受賞

「海の日」表彰式.jpg

2020年

◆ 新型コロナ影響にて「ほのぼのビーチフェスティバル」「なぎさシンポジウム」中止

◆ 長年の活動に対して茅ヶ崎市より表彰される

2021年

◆ マイクロプラスチック回収実験プロジェクト開催(4月25日、5月.16日、7.月25日)